ガレージキット製作代行のクリオネウィング


−ガレージキット製作状況日誌−

1/4 美少女戦士セーラームーン「セーラーマーキュリー」
完成品製作:ヒロ店長

メーカー HOBBY BASE 烈風
原型製作 揚田 幸夫
部品数 17個
材質 ソフトビニール


一度は作りたかったあの超可愛いセーラームーンです。
作る前から何かワクワクしております。
すでに気持ちは、完成した姿が脳裏に浮かび一人ニンマリ状態!(^。^;
それにしても、このキットは拙者にとっては久しぶりのソフトビニール製なのですが、
珍しい彩色済みキットとなっております。
塗装の苦手な方にはなかなか良いキットかとは思いますが、
やはりメーカー塗装は大ざっぱです。どこが大ざっぱかというと
1.肌が単調な塗られかたである
2.スカートなどに影の濃淡がない
といった感じであります。
そこで思いきって修正を果敢にチャレンジする事にしました。

基本彩色済みソフトビニールキット

まずは、パーツをきれいにデザインナイフとハサミを使ってカットして行きます。
各々のパーツの整合を考えて少し余裕を持ってカットしながら徐々に
最終的な個々のパーツとします。ソフトビニールキットはこのカットを本当に慎重にやりましょう。
ちょっとでもミスをすると、切りすぎのためパーツ間に隙間が出来たり、
いきなりズバッと切り込んでしまったり、最悪は指を切ったり(えっ?)・・・・と気を付けましょう!

各パーツのカット完了

あっ、そうだ。書き忘れましたが、再塗装を決行する事に決めたのですから
一番最初にやるべき事は、各パーツを洗剤で洗う事です。やはり、いくら基本彩色済み
キットでも多少の油分は付着しておりますので・・・(拙者は洗剤洗浄と洗剤浸けを
約1週間の間に2回交互にやりました)
それでは塗装です。
このキットの単調な肌色の修正を、ピンク色を作ってエアブラシで軽く吹いてやります。
ピンク色は白をベースに赤、黄、青を混ぜて作ります。(青は軽いアクセントを与えてくれます)
もう一つのこのキットの欠点のスカートの影ですが、青、黒、白で濃淡をつけた塗料を
作って、濃い青と中間青と淡い青と3回に分けて影を塗り分けてやります。
尚、その他白い制服の上着とリボンに水色で影を入れ、また髪の毛に濃い緑色を使って影を
入れました。

美脚を塗り直す スカートへ影の濃淡を入れる

ここまで出来ると、あの美脚のマーキュリーの完成像がかなり強く脳裏に浮かびます。
急いては事をし損じるという名言は誰が言い出したのでしょうか?
気持ちを落ち着かせて、しばらく煩悩を振り払うように座禅でもして塗装を乾燥させます。
各パーツのタッチアップをした後、フラットベースを全体に吹いてやり塗装を落ち着かせ
ました。(この頃は拙者自身もかなり落ち着いております・・・ハハハ)

そして、1週間ばかり期間をおいて塗装を乾かします(定着させる)。
この1週間の間を利用して、脚部に
石膏を流し込み重量が下に行くようにバランスをとります。
(安定感を保つ為にも石膏を入れて固めます)

ブーツに石膏を流し込む

さあ、最後の工程です。各パーツを接着します。
この時、いわゆる瞬間接着剤は使わないようにしましょう。
瞬間接着剤は接合部にあの憎たらしい白い粉(?)を浮かび上がらせてくれます。
特にビニール系への瞬間接着剤の使用は仮面ライダーとショッカーの戦いのように
悪戦苦闘となってしまいます。拙者はゴム用の透明接着剤を使用して取り付けました。

塗装完了、各パーツ接合完了

■本ガレージキット製作代行完成品を見る

■閉じる



当店へガレージキット製作代行を依頼される場合は下記をご覧下さいませ。
ガレージキット製作代行についての説明ガレージキット製作代行のご注文方法


ガレージキット製作代行のクリオネウィング
〒223-0054
神奈川県横浜市港北区綱島台14-28
TEL:045-543-5936(日・祝日休
FAX:045-543-5969(24時間受付


当ホームページ内に掲載されている画像・文章等の無断転載は禁じます
Copyright© (資)クリオネウィング Allright reserved.